ぎっくり腰とヘルニアで動けない程の痛みが

私はストレス解消にバッティングセンターで汗を流すのが好きで、オフともなるとマイバットを持参して近くのバーチャルタイプのバッティングセンターに通い、1時間程じっくり打ち込んでいました。

ある日その施設の中でも最も球速の早い打席に立って打っていたところ、無理して打ちにいったせか強烈に腰を捻り、その瞬間激痛が走りました。しまったと思った時には既に遅く、しばらく立ち上がれない位の腰の痛みと脱力感に見舞われたのです。

何とか足を引きずりながらも帰宅出来たのですが、それから1週間は酷い腰痛で殆ど腰を回せず、普段の生活さえ苦労する程でした。典型的なぎっくり腰の症状で、普段から腰に疲労が溜まり易い自分にとっては泣きっ面に蜂、仕事にも支障が出ており早目に治さなければと、近くの整形外科で診察を受けました。診察の結果も予想通りでとにかく無理は禁物、仕方の無い場合以外は出来るだけ安静にして過ごすしか無いとの事。湿布薬を数種類処方を受け、じっくり治す事に決めました。

覚悟を決めてからは意外にも回復は早く、2週間程で湿布の効果もありかなり腰痛の症状を改善する事が出来たのです。元々が腰痛持ちではありますが、何度も腰を痛めていた事で、悪化を繰り返しヘルニアになってしまいましたが、現在はヘルニアの状態は安定しているのですが、腰痛自体は治っていない事で、姿勢の悪さであるとか無理した状態からくる腰痛もあるので、気を付けないといけない私の腰痛でもあります。

腰痛自体は特に寒い時期が一番多くて、寒さで体が硬くなるので腰も痛めやすく一番注意が必要な時期でもあります。

一番効果的なのは、腰を温めて行くと言う事が最善の方法なので一番簡単な対処法ではありますが、カイロ等もあるので、痛みが強く出た時は腰を温めて行くと良いとされています。

色々と方法はあるのですが、長時間座っている事も腰痛になりやすい事もあるので長時間座る場合は低反発のクッションを使うと良いとされているのですが、昔はドーナツクッションが腰痛に効果的とも言われているので、色々と試しながらやって行く事も良いとも感じます。

私は腰痛を20年以上経験しているところからのヘルニアで、色々とある事で安定が出来る事もあると思うのですが、ヘルニアも悪化すると手術ともなるので、気を付けて日々生活しています。

腰痛にならないように気を付けて行く事も良いので今からケアして行けたらいいですね。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です